ヘルスケア事業部:品質管理方針
ヘルスケア事業部:品質管理方針
2011年3月に発生した東日本大震災、
及び福島第一原発の事故。
それによって「放射能汚染」の脅威が一般家庭にも
およびました。
私たちは事故直後から、
製造ロット毎に全品目の放射性物質検査を実施しました。
天然由来原料も多用される、現代の化粧品製造において、
その品質管理基準も常に同じではなく、
環境や情勢の変化に応じたものではなくてはなりません。
「すべては使う方々の安心のために」
私たちは、様々な変化をいち早く捉え、
常に最新の管理基準で品質管理を行っていきます。